自分の特技は社内の誰かに営業してもらう。

いつものビジネスシーンで手にしているもの、それって名刺じゃない?
普通、名刺って新たなクライアントやビジネスパートナーと初めて会うときの自己紹介や、連絡先を伝えるために使うんだよね。
でも、今日はちょっと視点を変えて、名刺の新しい使い方を提案したいんだ。
「名刺は社外より社内に配れ!」ってね。

名刺を社内で交換することで、新入社員が来たときや他の部署とのコミュニケーションの機会に、お互いの役職や業務内容、得意分野をすぐに知ることができるんだ。
これって、すごく便利だと思わない?
さらに、名刺交換はビジネスのエチケットだから、それを社内で実践すれば、そのマナーも自然と身につくよ。

さて、次に肩書きについて新たな提案をしようと思うんだ。
「データの魔術師」、「プロジェクトのキャプテン」、「クリエイティブウィザード」なんていう個性的な肩書きを使ってみてはどうだろう。
社内の雰囲気が一気に明るくなるし、自分の専門性をユーモラスに表現できるから、自己紹介がさらに楽しくなるよね。

もう一つ提案したいのが、「自分の特技は社内の誰かに営業してもらおう!」という考え方だよ。
社内で名刺を交換することで、互いのスキルや経験を知り、それを最大限に活用することで、自分の強みを更に活かすことができるんじゃないかと思うんだ。

名刺交換を通じて社内コミュニケーションを活発にし、それぞれの得意分野やスキルを活かす機会を増やすことで、個々のパフォーマンスだけでなく、組織全体の生産性や効率性を向上させることができると思うんだ。

この提案、「名刺は社外より社内に配れ!」が、新たな視点、新たな取り組みとしてビジネスシーン全体に影響を与えることを期待してるよ。
社内の雰囲気を一層活性化させ、個々のスキルや経験を最大限に活かすために、ぜひ試してみてほしいんだ。

そして、この提案がビジネスシーンをリードする新たな要素となることを期待しているんだ。
名刺という小さなツールから始まる新たな風が、君のオフィスにも吹くことを願っているよ。

https://note.com/takesato666/n/nd72e23eea827

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP